三鷹市市民協働センター

文字サイズ

「演劇的元気のつくり方講座」 を開催します

2019年09月26日

「わたしの為のわたし点検」をしてみませんか?

「何をやっても、面白いと感じない今日この頃。でも、このままでいいのか、とたまに思うと落ち込んだ気分になる」 
こんな風に思っている方ー明るい明日へのヒントを見つけ出して下さい。

演劇は人生の基本です。
演劇的元気の作り方講座はあなたの元気応援隊になりたい、という思いから12年前に生まれました。
今年も演劇の基礎を体験しながら、私を助ける私になるために、をテーマにレッスンをしてゆきます。

【日時】 
 10月19日(土曜日)午前10時30分~午後3時30分
 ※ランチタイムを設けています。(お弁当は各自持参)
いつもは2日間をかけて行う講座を、今回はお昼ご飯をいただきながらのランチカフェも加え、1日ゆっくり行います。
普段忙しくて参加できない方、どうぞご参加ください。

【参加費】
  2,000円

【プログラム】
★からだ・呼吸・イメージのレッスン
  無理せず体をゆるめ、呼吸を整え、イマジネーションを育てます。
  家でもできる簡単なことです。継続して家でやってみましょう。
★ランチタイム
  持参したお弁当を食べながら、楽しいランチカフェをします。
  いろいろなお話でもりあがると、いいですね。
★演劇の基礎レッスン
  あまり一般的ではない演劇講座ですが、面白いです。
  声を出したり、詩を読んだり、します。
★自分シナリオを作ります。
  明日からの人生を面白いものするために、自分シナリオを作ります。

※体操できる服装でご参加ください.


【講師】木瓜(ぼけ)みらいさん
女優。劇団青俳を経た後、おしん、中学生日記、はぐれ刑事純情派など舞台•TV•ラジオ•映画に出演。1986年NYへ渡り1989年帰国後、ロベール•ルパージュ作•演出•出演「Needles and Opium」日本初演の翻訳。レニー•ロバートソン作「LADY DAY」の訳詞。旧グローブ座における海外からのカンパニーによるシェイクスピア作品の翻訳台本制作。役者によるコンサート「フライデーコンサートin KAGURAZAKSA」。劇団2+1の脚本•演出•出演。
古澤侑峯「源氏舞」の語り。演劇ワークショップ講師等の活動中、演劇に潜在する力が、身体や心の動きを変え得ることの不思議さ、奥深さに着目し、独自に研究を深め、こころとからだに新しい活力を生み出す演劇訓練プログラムを編み出し、現在活動中。 

【会場】 三鷹市市民協働センター 第2会議室 
【定員】 15人(先着順)
【持ち物】 ランチ ※お茶、コーヒー、紅茶はご用意しています。
【対象】 18歳以上の興味のある方。

【注意事項】 
  •体操のできる服装でご参加ください。
  •水分補給のための飲料水をお持ちください。
  •お車でのご来場はご遠慮ください。
  •参加費は、釣り銭のないようご用意ください。
  •ご都合によりキャンセルされる場合は、必ず事前に電話でご連絡ください。
【お申し込み・お問い合わせ】 
  三鷹市市民協働センター(三鷹市下連雀四丁目17番23号)
   電話:0422-46-0048・ファクス:0422-46-0148
   メール:kyoudou@collabo-mitaka.jp
【主催】 NPO法人みたか市民協働ネットワーク(三鷹市市民協働センター指定管理者)

ちらし&申込書

カテゴリ:

関連するキーワード

  • 会議室等の予約状況
  • ニュースレター
  • おやこひろば
  • みたか市民協働ネットワーク
  • 入会について
  • お問い合わせ